読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Open Sesame!

演劇とミュージカルと美味しいお酒とご飯。

2015/11/17ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー』初演 アイアシアター

観劇 2.5次元

 

ハイパープロジェクションとはなんぞや?

 

とにかくこれに尽きる。

 

原作ファンゆえに、かなり個人的な、だいぶ辛口な感想なのでご注意を。

 

まず、初のアイアシアター。思っていたよりも悪くなく、立地を考えても六本木ブルーシアターよりはマシかなと感じました。トイレがよくないと聞くのですが、私は幕間でトイレに行くことがあまりなく、今回も席を立たなかったのでわかりません。

椅子が2時間じっと座るにはきつい。とにかく背中と腰に来るので改善してほしいです。

 

若い子が多いだろうということで心配していましたがマナーもそんなには気にならず、スタッフさんも強気だったので良かったです。

特定のキャラ同士の会話やリアクションなどに、「キャー!」とはしゃいだりする素直なファンが多かったですね。賛否両論出そうなところです。私は否定はしませんが、調子に乗る役者がいたら嫌だなと思います。

 

元々原作好きなので、役者に拘らずの観劇でした。

あらすじは、旭さんがバレー部に戻ってくるまでのあたり。脚本にも色々言いたいことはあるのだけれど、とにかく演出が気になって仕方ない。

正直「ハイパープロジェクション演劇」と謳うほどではない。

今時、レミゼでさえ映像を使っているのでその範疇を超えないというか、そこに使うの?みたいな。
そもそもあんまり映像を使うことに肯定的ではないので、合わなかったのだと思います。

演劇には演劇の良さがある。何もない舞台上がまるで本当にその場所その景色に思える、見えてしまうのが、ドラマや映像とは違う生の舞台の良さだと。

だから、レミゼの映像さえ受け付けなかった。

もちろん、あった方が映える瞬間もある。

日向が自転車で町を走り抜けるところからドアを開けるところ、はその疾走感が日向らしくて好き。
だけど、その後の「なんでいるー!?」を映像で映す必要はまったくないんじゃないかと。
ところどころ台詞を言うところを漫画のコマ割りみたいにしているのが、私にはきつかった。そんなの舞台なんだから台詞聞いてればわかる、役者見てればわかる。
役者をなんだと思っているのか?観客をナメているのか?
帝一の國みたいにシュールなシーンであえて使っていたのは笑えていいけど、真剣なシーンでアップで役者がコマ割りみたいに映し出されても。漫画原作とは言え、舞台なのにと思ってしまう。
あんなのやるなら影山の後頭部にボールぶつけた後の影山の表情を映し出そうよ…
オープニングはとてもかっこよくてよかったです。特に、縁下さんのところ。

 

OPから日向と影山の出会い辺りでかっこいいなと感じたり、微妙だなと感じたり。でも、これだけ映像やプロジェクションマッピングを多用しているのだから、これからの要となるシーンではこちらをあっと言わせるような演出があるに違いないと期待しました。

しかし、意外にも白いベンチコートみたいなのを着た白子(その場でメインで出演していない子がアンサンブルとして登場)たちが活躍。

そこそこ古典的なアンサンブルの使い方。小道具運んだりはわかる。ガヤ的な感じなのもわかる。
面白く昇華できてるっちゃできてるけど、日向の翼のシーン。

 

いやそこは映像使えよ!?プロジェクションマッピングなんのためにあるんだよ!?

 

そこは人力で物理なのかよと、思ってしまいました。

ハイパープロジェクション演劇なのに?そこはいっそハイパープロジェクションしちゃえよって。

色々文句を書き連ねましたが、思っていたよりは面白かったです。
もちろん良い演出もあった。けど、多分、演出家、さらには脚本家の解釈が私と相性が良くなかったのだと思います。

ただ、全体的に荒削りで初めての舞台化、初演!というのが見え隠れする感じが、まさにハイキューというか烏野っぽかったです。

 


日向@須賀くん
→いい!日向の声のイメージあるからどうかなって思ってたけど、違和感なし!
高い身体能力にテンションが上がりました。
あと、舞台慣れというかお仕事慣れをしているのがよくわかります。

 

影山@達成くん
→影山時々海堂。
悪いとこひとつもない。かわいい。100点満点の影山。時々海堂を思い出して桃城を探してしまいそうだった。
ジャンプ高いしちょっとした歩く動作だけでもダンスできる子だなっていうのを感じた。須賀くん同様、身体能力が高い。ちゃんと、2.5次元の魅せ方を知っているなとも。

大地さん@啓太さん
→解釈違い起こしました。ビジュアルで一番期待していた分びっくりした。

私は割と解釈違いも許せる方なのですが、なんというか予想もしていなかった方向の大地さんでした。アニメに似せないと許さん!とは言いませんが、もう少し意識してくれてもよかったのでは…?テンションが若い。あと、舞台慣れしてなさそうだなと感じました。

 

スガさん@猪野くん

→スガさんが三次元にやってきた~~~~~!
みゆくんのスガさんとはちょっと違う部分もあるけど、スガという軸からはブレてなくてむしろアニメより好きな台詞回しだなって思うシーンもあった。
特に、町内会とのシーン。よかったな~。あと、旭がそっぽを向いた後自分の手を見つめているところとか切なすぎて胸がぎゅっとした。
男っぽくて、リアルな男子高校生してたし、旭の鞄を押さえつけるところとかはいい感じにスガスパイス効いててかわいかったなあ
大地さんが怒鳴るシーンになると、ひとりそれを悟って耳塞いでるのかわいすぎた。ちゃんとスガさんがスガさんでよかった。

 

田中@塩田くん
→田中以外の何物でもない。田中が存在してた。一幕はずっと田中見てたww
アニメから飛び出してきちゃったって感じで最高の田中。頼れる先輩、可愛い後輩、ムードメーカーな同級生。すべてを兼ね備えているだと!
踊れる動ける台詞聴き取りやすい。やっぱり経験を感じる。田中がダメだと空気がダメになる。
塩田くんが田中でよかった!!!!めっちゃ坊主頭をなでられててかわいかったw

 

旭さん@ジャス
→ジャスかわいいし旭さんだし声が氷室ローランドでいろいろ混乱したw
でっかいくせに体を丸める旭さん可愛すぎなんですけど。スガとの教室のシーンをスタンバってるジャスのかわいさがそのまま旭さん。
武ちゃんが土下座したことにびっくりして一緒に土下座しちゃうのとか、楽しいなって思った。
コーチにお前も入れ!って言われてその場で着替えてる時に「やる気満々じゃねーか!」って言われてるのとかもほんと…旭さん…

 

西谷@祥平くん
→声をまさか岡本さんに寄せてくるとは思わずびっくりした!あの声は無理だろうって思ってたから!
顔立ちや体型とか、すごく合ってる。西谷をよく研究してるっていうのが伝わってきた。ハイステで初めて知った俳優さんですが、2.5次元慣れしているというか、素晴らしい。
ぴょんぴょん跳ねたり、レシーブのフォームだったり物凄くノヤだし、旭さんより断然小っちゃいのに頼もしさがすごいんだよねw

 

縁下@一馬くん
→なるほどそう来たかって感じです。経験値の高さがこうさせたなと。私は好きです。
紹介のところで壁殴ってる縁下よかったな~あと、コーチが監督の孫って聞いて逃げようとしたのもよかった。


月島@小坂くん
→月島だった!初舞台ということで全然期待してなくて、でもちゃんと月島でした!いいと思います!
3対3の時とかあまりにツッキーで…声優さんを意識して喋るのも結局、本人の演技力がなかったら棒読みになってしまう。
見た目もバランスが取れてて、烏野の貴重な長身選手という感じが出てた!なんか山口に対してアニメよりやさしかった(笑)
頭ぽんてしたり。捌ける時に机片づけたりしてるのがなんか月島なのに、って感じで可愛すぎでした!

 

山口@三浦君
→こっちも月島同様アニメに近付けてきてて、月島との距離感もうまく作ってた。いつかツッキーに物申す山口が舞台で描かれるならこの子にやってほしいな。
「すごい一年が入ってきた」の件で、自分と月島を指さして「俺達???」ってはしゃいでるのたやみを感じた…


烏養コーチ@林さん
→ヴィ、ヴィレッジ兄さん!!いや、間違えた烏養コーチ!!!
割と中の人まんまだったけどwでも、かっこいいしちゃんとコーチでした!!違和感ないし、アニメよりちょいヘタレっぽいというか、押しに弱そうな感じも含めてw


武ちゃん@内田さん
→押し強そうwアニメより強そうw
神谷とは違う強さを感じたよ…土下座によりすべてを解決してきたのだこの人は…
「わーいわーい!」って喜んでるの見てびっくりした。最初どの生徒だよ!?って思ったら武ちゃんなんだもんw
れっきゅーをお手本にしているんじゃないか疑惑。あと、ぴょんぴょん飛び跳ねる姿が身体能力?そうでバレーできそうでした(笑)


及川さん@遊馬くん
→思ってたよりよかったよ!棒読みじゃなかった!笑
浪川に近付けようとした努力も感じるので。それ以上は言わないでおきます。
もし、この先もストーリー展開した舞台をやるなら成長しておいてほしい!それだけである!


岩ちゃん@平田くん
→いた?あれ、岩ちゃんだったんだ!以上!


金田一@坂本さん
→特別うまくないけど、なるほど男の金田一だな~って感じでした!
ちょっと性格悪そうな感じが北一時代の金田一を良く表せててよかったし、笑かしてもらった部分もあった。ぽいってするとこね。
身長も高くて国見とのバランスが最高。そんなに言うことはないです。よかった!

 

国見@有澤くん
→国見は綾波レイだと思っていたのですが、使徒でした。
ちょい猫背な感じと長い手足にサイズ間違っちゃったのかと思うくらい小さな頭が…国見でした。

二人並ぶとでっかいなあと。そんなところにリアルを感じて楽しかったです。

 

松川@畠山さん
→アニメよりいい人そうだった。

 

花巻@金井くん
矢巾にハイタッチ無視されて怒ってたのがかわいい。あともう個人的に挨拶慣れしてないところがツボで。
彼は人間不信のようなので(挨拶の内容より)ぜひハイキューで人を信じることの良さを知ってほしいですね。

 

矢巾@和田くん
→初めて見る俳優さんでしたが、個人的に青城の中で一番印象に残りました。和田君、覚えました。かなり爪痕を残していたと思います。

まず、メンバー紹介でのポーズ。それから、花巻のハイタッチを無視し、最前列の女の子をナンパするという。こういう矢巾、有りだなと。


渡っち@さいとうくん
→ご、ごめん…見て…なさすぎて…

 

滝ノ上@坂口さん
→悪くなかったのに出番が少なくてこれと言って…
「お前らたまには俺の店で買い物しろよ~」って言うところはかわいかった。


嶋田マート@山口さん
→「あー!嶋田マートだ!」と言われているのが可愛かったです。
ジャンプフローターやって烏養さんに「大人気ねーぞ」って言われて「黙りなさい金髪豚野郎」って言ったのがツボでした。
こういうの嫌な人もいるかもですが、不意打ちすぎて笑いました。山口とのこれからを連想させるシーンもあり、見た目も嶋田で、良いキャスティングでした!

 

 

だいぶ偏った感想ですが、楽しかったのは事実です。

ただ、どうしても気になる部分が目に付いてしまった。これから観る時はライブビューイングでいいかなと思いました。